脚のむくみのメカニズム

      脚は身体の中でも、特にむくみを生じやすい場所です。長時間の立ち仕事やデスクワークの仕事をしている人の中には、脚がむくみやすく、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。脚のむくみは、自宅での簡単なセルフケアを行うことでも改善します。脚のむくみの原因を知るとともに、むくみを改善する方法をご紹介していきます。

      1.そもそもむくみが脚に生じる原因は?

      どうして脚のむくみが起こるのかというと、それは血液の循環が大きく関係しています。
      通常は私たちの体内を動脈を通じて血液が循環することで、全身に水分や栄養分を供給しています。
      また、体内で不必要な水分などは静脈やリンパ管を通じて再度体内を循環しています。
      しかし、静脈やリンパ管を通して再循環するはずの水分が、静脈やリンパ管がスムーズに流れないことが原因で、脚のむくみと呼ばる状態が起こるのです。

      2.日常生活での脚のむくみの主な原因

      脚のむくみが起こる直接的な原因はいくつかあります。
      仕事などで長時間立っていると、当然のことですが、私たちの身体には重力がかかっていますので、血液は自然と脚に溜まってしまいます。
      その結果、静脈の圧が上がりスムーズに循環することができなくなります。
      また、水分や塩分の摂りすぎも、脚のむくみの原因に繋がります。

      血液中の水分が増えるということは、必然的に体内に余分な水分が溜まりやすくなるということになります。
      その他にも、運動不足や加齢により、脚の筋肉が衰えると、血液を循環させる役目が低下してしまい、これも脚に水分が溜まりやすくなる原因になります。

      3.むくんだ脚をマッサージ

      むくんだ脚は、マッサージで対策してみてはいかがでしょうか。

       

      Step 01
      足首から膝にむかってさするようにマッサージをします。膝の裏にはリンパ節がありますので、軽く数回押します。
      Step 02
      膝から太ももをマッサージしていき、リンパ節のある太ももの付け根も軽く数回押していきましょう。脚の付け根の方からの一方通行にするのがポイントです。